“鬼夜”久留米(2007年1月7日)

国の重要無形民族文化財で、日本三大火祭り(鞍馬の火祭りと那智の火祭り)の一つ
である鬼夜(おによ)が開催された福岡県久留米市大善寺(だいぜんじ)の玉垂宮(た
またれぐう)へ行ってきました。

冬の夜空を赤く染めながら繰り広げられる勇壮な鬼夜は、400名程の氏子たちが締込み
姿になり、巨大な松明に火を灯し、境内を引き回す勇壮な祭りです。

孟宗竹を束ねてた直径1m、長さ15m、重さ1.2tonもの巨大な大松明(おおだいまつ)6
基が鐘桜前に並べてあり、午後9時頃締込み姿の若者達が大松明の前に集まりって一番
鐘を合図に境内の灯と夜店の灯など全てを消灯するようアナウンスされました。

境内が闇に包まれた頃、二番鐘が打ち鳴らされ、「鉾とった、面とった、そら脱いだ」
の掛け声とともに魔祓いの神事が始まり、同時に神火(しんび)が一番松明に点火さ
れ、それを合図に6基全ての大松明に火がつけられました。
燃え盛る巨大な松明によじ登るさまや、雨のような火の粉を素肌に浴びながら大松明を
引き回す光景は、誠に勇壮・豪快で、裸祭りの極致ともいえる素晴らしい夜祭りです。
燃え盛る火から逃れる観衆とは違い私は、迫力ある画を求めて火の粉や灰が舞う中へ進
みます。カメラ持つと怖くないのが不思議です。





































































トップへ
トップへ
戻る
戻る


inserted by FC2 system