山鹿灯籠まつり 熊本県山鹿市

毎年8月に行れる大宮神社の大祭、通称”山鹿灯籠まつり”。九州御巡行の景行天皇が
菊池川をさかのぼり山鹿に上陸しようとされたが濃霧にいく手を阻まれたため、里人が
松明(たいまつ)を灯して無事に案内した。それ以来里人たちは、そのとき行在所だった
大宮神社に松明を毎年奉納するようになったことが山鹿灯籠まつりの起こりといわれて
いる。その後、町民たちの旦那芸として精緻な和紙工芸へと発達した「山鹿灯籠」と結
びついたのが室町時代で、現在のまつりのスタイルの骨格となっている。

 山鹿灯籠は16日の夜に行われる「千人灯籠踊り」が全国的に有名。頭に金銀の灯籠を
乗せた浴衣姿の女性たちが、「よへほ節」にあわせ舞踊る光の海は、幻想的だ。













おまつり広場でも踊りを見ることが出来ます






山鹿美人に登場してもらいます









































幻想的な灯のまつりに、毎年遠くからの大勢のお客さまがいらっしゃいます。
 毎年8月15、16日は山鹿に出掛けることが当然となってしまいました。



トップへ
トップへ
戻る
戻る


inserted by FC2 system